検索
  • JIROKEN

ちょっといい話


 

こんにちは!


秩父・木の家専門店JIROKENN工務店の土屋裕美子です。



JIROKENN工務店は秩父第一中学校のすぐそばにあります。


そのため目の前の道路は多くの中学生の通学路として使われています。



今日のお昼前、ある中学生男子3人組がガチャガチャの前でとまり、何やらひそひそやっているのが事務所の中から見えました。


私は「気になってるの?」


と外に出て話しかけました。


すると3人組のうちの一人が


「ガチャガチャやりたいけど、500円玉がなくて、、、両替ってしてもらえますか?」と。


私は「もちろん!」と、500円玉を2枚渡しました。



男の子は嬉しそうにガチャガチャをまわし、銀色の球を出しました。


そしてそれを開けずに、「家で楽しみに開けよう!」と、そっとバッグの中に入れました。




私が「ところで今日はいつもより下校が早いね。」と話すと。


男の子たちは「今日は高校の合格発表だったんすよ。」と。


私は「もしかしてみんな中学3年生?」と聞くと、


3人そろって、「はい。合格しましたー!!」


私は思わず、「おめでとーーー!!」と叫んでしまいました。



そっかそっか、君たちの笑顔の理由はそれでしたか。



ガチャガチャをまわした男の子が


「中身ってどんなものが入ってるんですか?」と聞くので


私は「年齢問わず楽しいものが入ってるよ(^.^)」と伝えると、


「じゃあ、親孝行になるかな!」と言い、颯爽と自転車で走り去っていきました。



え!?もしかして自分の楽しみでやったんじゃなく、家族のために?!?


合格したから、感謝の気持ちで渡すのかな…なんて勝手な想像したら泣けてきました。




たかがガチャガチャ、されどガチャガチャ






閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

やきいも