top of page
検索
  • 執筆者の写真JIROKEN

みそポテトの思い出








秩父・木の家専門店 夫婦で営むJROKEN工務店土屋賢次郎です。







先日、お世話になってる大工さんの息子が高校の入学式の帰りに遊びに来てくれました。







彼とは10年以上のつきあいです。







あれは彼がまだ小学生になる前の話...









お父さんに連れられ現場の雪かきのお手伝いにきてくれました。








小さな体で一生懸命働いていました。









お父さん大工:「おい!U!何やってんだあ!さっさと雪かき終わらせろ!」




大工息子U:「パパ。疲れたよう。雪 重たいよう。もうできないよう。」




お父さん大工:「できないじゃない!やるんだ!」






こんな感じで2~3時間一緒に雪かきをして






そのあとに、一緒に秩父名物みそポテトをたべました。









お父さん大工:「おい!U!どうだ?うまいだろ?」




大工息子U:「うん。めちゃくちゃうまい!このみそポテト。どこに売ってるの?」




お父さん大工:「バカやろー!いつも食べてるのと同じだ!働いた後だから美味いんだあ!」







なるほど。



大工さんはそれを伝えたくてあんなに厳しくしていたのかあ。


























閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page