検索
  • JIROKEN

仕事の流儀



ちゃんこ屋「やぐら太鼓」のピザをいただきました。



一口食べて。

具が沢山。素材の味が生かされている。ソースはコクがありながらあっさり。

うーん。とても美味しいと家族で笑顔に。5歳の息子は「こんなおいしいピザはじめて!」と喜んでいた。



二口、三口、食べるごとに家族の会話が減っていった。



普段は食事の時は常に会話をしながら過ごすようにしているのに。



何かジーンとくるものが。



"あたたかい”



温度の事ではなく真心の話。



感動して涙が出そうに。



なんだこの感覚。



はじめてだ。泣きそうになりながらピザを食べたのは。



電話で予約した時、おかみさんが言っていた。



「生地から手づくりなので1時間以上かかっちゃうけど。」



そうかあ、おかみさんは僕達家族の事を思いながらつくってくれたのかあ。



息子の七五三のお祝いには真鯛一匹サービスしてくれたり。



鍋を食べに行けばフルーツをサービスしてくれたり。



いつも親方とおかみさんは真心のこもったサービスをしてくれた。



先日、息子が近所のおばちゃんに好きな食べ物を尋ねられ、「やぐら太鼓のトマトラーメン」と答えていた。トマトが嫌いなのに。



これだ!



うわべではない本物のサービス。



人を感動させる仕事とは!



親方、おかみさんありがとう!



仕事の流儀を教えてくれて。






ボリュームまんてん


愛情まんてん


おなかいっぱい・胸いっぱい


ちゃんこ屋、やぐら太鼓のピザ







126回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示