検索
  • JIROKEN

冬休みの宿題



秩父の動物大好きJIROKENの土屋賢次郎です。


6歳の息子KSKは冬休み。


父からの冬休みの宿題はおもいっきり遊ぶこと。


まずは「馬」。





息子KSKが「こっちへおいで」と馬に話しかける。


すると馬は近くに寄ってくる。


そしてまるで自分の子どもとふれあっているような表情になる。




そして、琴のような弦楽器でメロディーを奏でてみる。


すると馬が並んで聞いている。


おー!めちゃくちゃ可愛い!




僕は知らなかった。こんなに馬が人間とコミュニケーションをとることを。


馬が喜んでいたり、楽しんでいたりするのが伝わってくる。


たぶん、こちらが感じているフィーリングも感じているだろう。


なんて可愛いんだ。


来年は馬を飼おう!




50回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示