検索
  • JIROKEN

好きなことなら何でもできる






秩父・木の家専門店 夫婦で営むJIROKEN工務店土屋賢次郎です。




小学生の息子KSKは夏休み...




という事で訊いてみました。







私:「KSK。夏休みどこ行きたい?」




KSK:「カナダ!」




私:「カナダかあ。いいなあ。カナダで何するの?」




KSK:「カイとマウンテンバイク乗ってキャンプする。」(カイとはカナダ在住のお友達)




私:「カイとカナダでマウンテンバイクは無理だけど。白馬でパパとマウンテンバイク&キャンプはどうだ?」




KSK:「うん!まずはパパと行こう!次はカイと行くね。」





という事で男2人旅へ...








そして2人でルールをつくる事に。




ルール1  自分の事は自分でやる。


ルール2  人や自然に迷惑をかけない。


ルール3  怪我無く無事帰る。そして楽しむ。








次は役割分担


【パパの役割】


運転


お金を払う


③ クマが出たら退治する。





【KSKの役割】


キャンプに関して全般(キャンプ場受付・テント設営・清掃ゴミ拾い等)


②  タイムキーパー(時間の管理は全て)


③  食事係(食事の選定)






はじめてのテント設営、自分から「やりたい!」と言い出した。



キャンプの受付も普段なら恥ずかしくてできない役割。



時間管理も普段は苦手。学校に行く時間になってもレゴをやり続けたり...





私は一切口出しをしないことに...









そして当日




朝から気持ちよく自転車に乗りました。













ゴンドラやリフトに乗ってもソワソワ何かを気にしています。




私:「どうした?キョロキョロして?」



KSK:「時計を見てたの。そろそろお昼かなあと思って...」



②タイムキーパーちゃんとやってます。











はじめてのテント設営









①キャンプ設営できました!















そして③食事の選定





失敗した!



この役割はやらせなければよかった!



ハンバーグとオムライス両方食べるとは!









そして花火!



終了後、ちゃんとゴミを片付けました。









そして、帽子をかぶったまま就寝。




KSK:「パパ。川の音がうるさくて眠れない。」



と言った3秒後にイビキ...







ルールを守り



全ての役割を成し遂げました。







今回の旅の教訓




親父は見守るだけでいい






子は勝手に成長する。


















閲覧数:81回0件のコメント

最新記事

すべて表示