検索
  • JIROKEN

祭りと学校






秩父・木の家専門店 夫婦で営むJIROKEN工務店土屋賢次郎です。





7月19日、20日は秩父川瀬祭り





3年ぶりの開催











息子KSKは楽しみで楽しみで、前の日から衣装合わせ。






KSK:「パパ。どうして最近はお祭りなかったの?」



私:「お祭りは人が大勢集まるだろ。みんなコロナになったら大変だろ。」



KSK:「学校も人が集まるじゃん。なんで学校は中止にならないの?」



私:「学校はとっても大切だからかな。」



KSK:「?」



私:「わかった?」



KSK:「全然わからない。お祭りはとっても大切じゃないの?学校とお祭りどっちが大切なの?」




私:「ん~。わからない。」




答えられない質問をぶつけられました。







お祭りは学校ほど大切ではないのだろうか。



いや。そんなことは無い。





大人も子どもも関係なく、同じ目標に向かって、笑顔で力をあわせる。

そして、カッコイイ大人の姿を子どもに見せる。

あんな大人になりたい!と...





人間教育としても、郷土愛を育む観点からも、友情・仲間意識・絆を育てるという観点からも、祭りはとーっても大切だ。














「パパ。お祭り終わっちゃったね。コロナも終わっちゃえばいいねえ。」

















閲覧数:58回0件のコメント

最新記事

すべて表示