検索
  • JIROKEN

第三者の目



JIROKEN㈱の土屋賢次郎です。


いよいよ始まりました。


最高のプロジェクト!


土地探しから始まり、農地転用を得て半年以上かかりましたが・・・。


まずは地盤調査です。



地盤調査とは?


建物がいくら丈夫でも、家の基礎となる地盤が弱ければ安全な住まいとは言えません。地盤は住まいの安全性を左右する重要な部分のため、家を建てる前に、建物を建てても安全な土地かを調べます。これが地盤調査です。

地盤調査はその土地の強度について調べ、建物が安全に支えられる地盤か、安全に建てるためにはどうすべきかなどを把握するために行う、安全な住まいを建てるためには欠かせない工程です。



とても重要な調査です。


細い鉄の棒を機械で地面にさしていきます。




この棒がどのくらいまで入るかで地耐力を調べます。



今回の土地は通常より硬く1m位までしか入らないとの事。


とても安心できる土地でした。


が、より安心して住んでいただけるように地盤保証(10年間)を付帯させていただきます。




地盤保証とは?


地盤保証に加入している施工者には10年間の補修義務が生じ、限度額を合計5,000万円として保険金が支払われます。 施工者が請け負う補修義務の内容は、不同沈下の再発を防ぐために必要な地盤工事、不同沈下が原因で発生した建物本体の補修工事、仮住宅費用、身体・財物にかかる賠償費用などです。

これにより、施主は地盤保証に加入することで、不同沈下などの地盤の瑕疵について10年間無償で補修を行ってもらえるというメリットを得られます。また、第三者による地盤に関する解析・判定を受けられることで安心を得ることもできるでしょう。



10年間、地盤が原因で何かトラブルが発生すれば地盤保証会社(地盤調査を請け負った会

社)が責任を負ってくれるという事です。


安心して住んでいただくために第三者の調査、検査が入ることは良い事ですね。



隠さず、嘘をつかず、1mmもズルをしない。



それが安心につながと思います。





103回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示