top of page
検索
  • 執筆者の写真JIROKEN

鬼軍曹の教育






秩父・木の家専門店 夫婦で営むJIROKEN工務店土屋賢次郎です。





今日は 息子KSK が現場でお手伝い。




大工見習いです。




大工さんのあだ名は「鬼軍曹」。




現場では鬼のように厳しい。






大工さん:「おい!KSK!邪魔しねーで、ちゃんと仕事しろよ!先ずは断熱材運んで、入れろ!」




KSK:「うん。わかったよ。みやた。」


(なぜか、よびすて)











大工さん:「バカヤロー!入れすぎだ!ちゃんと土台と面に入れるんだ!やりなおせ!」





KSK:「わかったよ。みやた。」










KSK:「下から叩くよ。 どう?このくらいでいい? みやた?きいてる?」




大工さん:「しらねーよ。自分の仕事だろ!自分でやれ!」










KSK:「みやた。次、何したらいい?」




大工さん:「バカヤロー!自分で考えろ!俺の動き見てたら何を次にするかわかるだろ!」













KSK:「とりあえず、掃除しとくね。」






こんな感じで大工さんの弟子を務めていました。






すると、大工さんの「バカヤロー」が聞こえなくなりました。









彼は 大工さんの動きを観察して







材料をわたしたり



車に道具をとりにいったり



ブルーシートを敷き始めたり






自分から行動するようになりました。


 




これぞ教育!






鬼軍曹は現場で、子ども扱いは決してしない。




危ないから手を出すなとも言わずに、手伝わせる。自分のやり方で...




KSKも泣かずに、嫌がらずに楽しんでいる。




しかも、KSKは みやた が大好き。








大工さん:「KSK!今日は良く頑張ったな。こんど二人で遊びに行こうぜ!」




KSK:「うん! みやた 泊りで行こうよ。 どこ行く?」





ありがとう 大工さん。





















閲覧数:106回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page