検索
  • JIROKEN

秋の味覚


こんにちは!

秩父・木の家専門店JIROKEN工務店の土屋裕美子です。



やってきました!食欲の秋。



実家の母が栗の渋皮煮を作って届けてくれました。


一個食べだしたら止まらない美味しさは、キ・ケ・ン・です。


なぜなら、とっても高カロリー!!!


食べる分だけ、目の前に出さないと大変なことになりますね(^-^;




話はさかのぼりますが、私が小学生の頃、実家の前の畑は広大な栗畑でした。


収穫の時期になると、実家近くに住む私の祖父母が、トングで栗を収穫していたのが懐かしい思い出です。


しかしです。私は栗が好きではありませんでした。栗の何が美味しいのかさっぱりわかりませんでした。


栗ご飯の時は、栗抜きで母にお願いしていたくらいです。



数年が経ち、祖父母が亡くなると栗畑をやる人がおらず、すべて伐採されました。




そして私もすっかり大人になり、ある日近所で栗を頂き、久しぶりに栗を口にする機会がありました。


ん!?? 美味しい!!


小学生の頃食べた、あの素朴な栗と変わらないはずなのに。


何だか祖父母との思い出もよみがえってきました。


大人になると、味覚も変わるもんですね...




こちらのただ茹でただけの栗は、栗ペーストでも作ってパンに塗って食べても美味しいかな!?




今では、美味しい味覚が多い、この時季が待ち遠しくなっています。



40回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示