top of page
検索
  • 執筆者の写真JIROKEN

ジャイアン来たる







秩父・木の家専門店 夫婦で営むJIROKEN工務店土屋賢次郎です。






2月18日(土)この日は一生忘れない日と私の記憶に刻まれるだろう...









一本の恐怖の電話が...









「俺や!今晩行くから酒用意しとけ!じゃあ よろしく。」









20年ぶりにきいた声







わすれもしない...







ジャイアンの声








20数年前、カナダで一緒に働いていた先輩「ジャイアン。」








今は北海道ニセコでログハウスを建てている Okinyのシゲさんからの電話でした。








私は緊張のあまり電話をしながら直立不動そしてお辞儀。









「はい」しか言えませんでした。









そしてすぐにビール、ウイスキー、肉を買いにスパーへ。









「やばい。酒と肉が無いと殺される!」
















来た!






ジャイアン!






ジャイアンは野球好き






20数年前、カナダで一緒にログハウスをつくっていたころ





なぜか、踵をついて歩いたり、走ったりすると怒られた。






「おい!Kenjiro!踵がついてるぞ!つま先立ちじゃあ!」









夏の暑い日





40℃近い気温の中、太い丸太ををコンテナに積みこ込む仕事。





コンテナの中は、まるで地獄。





多分50℃は超えていただろう...






そんな中、水を飲みながら作業をしていると









「こら!Kenjiro!なに水飲んでんねん!10年早いわ!」












私の指にトゲが刺さると。





「ワシがトゲとったる!針もってこい!」






そして、針でプスプス...






血が噴き出ているのをみて悪魔のような笑顔。






まるで昭和の野球部の先輩。






私にとっては地獄のエンマ大王のような存在。















そんな Okinyのシゲさん。









当時 就労ビザがきれて私は働けない時期がありました。







働けないという事は収入がゼロ。








精神的にも肉体的にもどん底の時期。








そんなある日、当時のログハウスの会社の社長が私に話してくれました。








社長「今朝、シゲちゃんが俺のところに来て言ってたよ。」









シゲさん:「社長。俺 ログビルダー辞めます。だからKenjiroみたいにやる気のある奴にビザ出してあげてください。」








当時、一つの会社には就労ビザの枠があり、就労ビザがもらえる人数が決まっていました。






その枠を自分が犠牲になり 私に譲っていただけるということ。









それを聞いて私はすぐにシゲさんにお礼を言いにいくと









シゲさん:「そんな事言っとらん!何かの勘違いじゃ!お前にビザなんてもったいないわ!」








本当にジャイアンだあ。









こんないじわるな人



こんな怖い人



こんな悪い人




に会ったことない。








こんな心の温かい人にも...













































閲覧数:300回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page