検索
  • JIROKEN

一級建築士がとことん寄り添う本気の相談会






秩父・木の家専門店 夫婦で営むJIROKEN工務店土屋賢次郎です。




3月20日(日)、21日(祝)に「一級建築士がとことん寄り添う本気の相談会」を開催させていただきました。




多くの方に参加していただきありがとうございました。




自宅の建て替えを考えているというY様のお話がとても嬉しく印象的でした。




娘さん2人と来てくださいました。






私:「本日は来社くださりありがとうございます。家づくりなどで何かお困りごとがございますか。」




娘さん:「今、住んでいる家を建て替えようと考えてまして・・・。母がどうしてもJIROKENさんに相談したいと言うものですから。」





私:「ありがとうございます。とても嬉しいです。どうして当社なのですか。」





Y様(ご本人):「私、毎月のJIROKEN通信とても楽しみにしてます。あれを読むととても温かい気持ちになります。今までのJIROKEN通信を大事にファイルしてます。だから、JIROKENさんに一度行ってみたくて・・・。お彼岸で娘が秩父に帰ってきているのでお願いして連れてきてもらいました。」





な・な・なんて嬉しいお言葉。




地域の人の役にたってるんだあ。




毎月、ポスティングしていて良かった。







冬は寒いし、夏は暑い。




時には犬に吠えられ。




「チラシいらないから、ポストに入れないで!」と怒られたり。







つらい事もあるけれど、続けていて良かった。









娘さん:「JIROKENさんの出身はどちらですか?」




私:「私の生まれは秩父市中村町です。こばと幼稚園に行ってました。それから花の木小へ・・・。」




娘さん:「え!私もこばと幼稚園です。イタズラするとブタ組に入れられて・・・。」




私:「そうです。そうです。ブタ組。私、何回も入れられました。暗くて・・・。狭くて・・・。」




娘さん:「秩父の人なんですかあ。てっきり、東京からいらして会社をやってらっしゃるのかと思いました。」


 


こんな感じで、終始和やかな雰囲気の相談会でした。








Y様 とても嬉しいいお言葉ありがとうございました。



今後ともよろしくお願いいたします。
























閲覧数:87回0件のコメント

最新記事

すべて表示

やきいも